植物の音🎶

8月12日、岸和田の自泉会館と言う文化財の建物の中で、ラヂオきしわだでお世話になっているクミクミさん事、加藤くみ子さんが主催された

”植物が音を奏でる”と言うイベントのお手伝いをさせていただきました🌳

植物も動物も生きているのは学校で習うから解っているものの、実際に喜んでいたり気分が乗っていたり、反対に緊張していたりが植物の”歌”となって聞けるのです✨✨✨

12日のイベントの時は、1部に植物にかかわる絵本の朗読会、2部では、植物の音に誘われて森の中にいざなわれた少女が、風の音、大地の音、水の音など自然の音に委ねて舞ういう感じの全てが即興なのに完璧に仕組まれれていたかのような見事な空間✨✨

世界にも類がない程の会だったと絶賛していたのは、植物のメロディーを聞ける機会を日本で紹介している、ダマヌール東京の”アユ”さん💡

この機械を持って各地でイベントに参加されている”アユ”さんなので、岸和田でのイベントがどんなに素晴らしかったのかと、私たちのラジオ番組”TOSHI & KUMIのLOHASでえんむすび”でお話してくださいました🎶🎶

この”ダマヌール東京”と”アユ”と言う不思議な名前は

ダマヌール・・・エコロジーをベースに、個人の周りにあるもの(他人、自然、地球環境、目に見えない『存在』)に対してリスペクトし、調和的・友好的関係を築くことで、お互いの内面的成長を目指すコミュニティ

で、”アユ”さんはそのコミュニティに関わっている貴重な日本人で、日本にある2つのグループの1つ『ダマヌール東京』に所属しているので”ダマヌール東京”、名前を動物や植物からもらって付けられると言う事で、生まれ育った”岐阜県”の魚、長良川の鵜飼いでも有名な”鮎”からとったと言う🐟

ダマヌール東京で岡山県に住んでいる 鮎 ですが、生まれは岐阜県、

ここは岸和田ですが 岡山町に住んでいる  生まれは岐阜県の私と何か親近感があるというか😄

そしてアユさんが、LOHAS cafeに9月15日までこの機械をお貸ししてくださる機会を与えてくださいました✨✨✨

もうすでに先日は植物のメロディーとコラボでクミクミさん事、加藤くみ子さんが朗読ライブとミニミニミュージカルをされて、皆さん植物のステキなメロディーに癒されていました✨✨✨

末っ子君がジェラートを食べながら後ろのアンスリウムちゃんが元気よく毎日歌を歌っています🎶

子供たちが「これも一緒に」と森のオルゴールのCDを入れてきたので、今店内は鳥のさえずりをバックにディズニーのオルゴールが流れている上を、植物たちが自由奔放に歌っている✨✨✨

と言う状態です😄

私は1日中この音に包まれて、布団があったら1日中眠れる環境です😪

9月半ばまで、この感じが続きますので、シーター波に頭を切り替えたい方は是非お越しください~🎶

また、森の中にいるような香りのアロマオイルまでLOHAS cafeに置いてあります🌳

このオイルも飛騨高山の森の木で作られたオイルです✨✨

不思議なご縁です💓

また興味のある方は五感で感じに来てください🎶


最新記事
アーカイブ